ようこそ実力至上主義の教室へ5話 レビュー

Pocket

こんにちは! ようやく明日が休みで夜更かししているヤサマです!!いやー、いつもより大分更新時間が遅くなってすみませんね(◎_◎;) 明日が休みだから、たまっていたアニメなどを見ていました(笑) さらに遅くなると更新も危ういので、早速本題に入ります!今回はようこそ実力至上主義の教室へ5話のレビューをします!前回は異様なCクラスや謎の高ポイントを持つ一ノ瀬など謎が多かったですが、今回はどうなっているのでしょうか? 前回のレビューはこちらから。

それでは、レビューを始めます!

地獄、それは他人である。

今回のベストシーン!

 

綾小路:生徒会長が居たのは想定外だ。堀北がポテンシャルを発揮できない。

:双方どちらの主張が真実であるかを見極めさせていただきたいと思います。 よろしいでしょうか。

生徒会長:始めてくれ。

:小宮以下三名は須藤に呼び出され、特別棟で殴られたと主張していますが、須藤はこれを否定。自分は小宮に呼び出されたと主張。双方の主張は食い違っています。確実とされる事実は以下の一つのみです。 つまり、加害者須藤の暴力行為により、小宮、近藤、石崎が負傷。被害者は以上の三名。

須藤:な、殴ったのは俺でも、仕掛けてきたのはお前らだー。

綾小路:(けがを議題の中心にされるのも、須藤を野放しにするのもマズイ)堀北

:静粛にお願いします。新たな証言、証拠がなければこのまま進行します。よろしいですか?

生徒会長:議論するまでもなかったようだな。

:一方的に相手を殴ったという事実はけがの状態から見ても明らかです。これを基準にして、答えを出していくべきだと思います。Dクラス側の正当防衛という主張は須藤君の無傷であり、石崎君...

堀北:ふぇえ!?うぅ~、ちょ、ちょちょ。ふぇ~、綾...なに? ちょ、ちょっと...なに...

綾小路:放心状態であろうと、体に強い刺激を与えられれば、意識は覚醒する! お前が戦わなければ、このまま敗北だ!

Sponsored Link

やばい、議論よりも堀北の反応と睨んだ顔がかわいくて、そっちばかりに目を取られますね(笑)まさか、堀北があんな可愛い反応をするとは思いませんでした。正直、あの空気の中で、あんな声を言葉を発したら、超はずかしいですよね(>_<) 堀北は最初に比べて、どんどん好感度が上がっていきますね~ にしても、相変わらず、綾小路は冷静だな~ さて、いつも通りもう一つ注目のシーンを挙げたいと思います!

 

 

壁ドンかよ(笑) と思いますが、生徒会長は始め、綾小路の顔面目掛けて手を出しました。まぁ、綾小路が避けて、こんな感じになりましたけどね~。それにしても、生徒会長は綾小路に興味ありすぎだろ! まさか、そっち系?? まぁ、それはないか(笑)

 

それにしても、今回も意外な一面が見られましたね!このまま、俺ガイルの雪ノ下みたいに変わっていくのでしょうか?あと、議論の結末もどのような結果になるのか注目ですね!!

それでは!

Sponsored Link

FavoriteLoadingお気に入り
Pocket

yasama

どうも~! アニメ、漫画、声優が大好きなヤサマです!年齢は23歳の社会人です! アニメや漫画が好きな方是非、絡んで下さい!!

あわせて読みたい

1件の返信

  1. yasama より:

    堀北の反応可愛い~!! 皆さんはどのキャラが好きですか?よかったら、コメントください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です